アップセルにも繋がる?ステップメール会社ランキング

トップ > アップセルにも繋げるコツ > 営業の見込みリストにも活用できる

営業の見込みリストにも活用できる

ステップメールを上手に使えば、営業の見込みリストにも活用する事が出来るというのをご存知でしたか。ステップメールは、あらかじめ文章を登録しておくことで、お客様の段階ごとに合わせて自動でメール配信をしてくれるシステムです。
どれくらいメールを送るのかという回数も設定する事が出来ますし、配信時間も設定する事が出来ます。どの時点でお客様がメルマガ登録をしたとしても、必ず1回目からステップメールを送る事が出来ますので、リスト教育を自動的に行う事が可能です。
基本的にはメルマガをお客様が登録して、リストの教育を行い、セールスをして、フォローしていく形になります。最初こそ大変な作業ではありますが、一度流れをきちんと組んでしまえば、後はほったらかしたとしても、営業のフォローをしてくれますので、大変便利だと言えるでしょう。

ステップメールを作る流れで最も重要となるのが、シナリオをきちんと使い分ける事です。それには、お客様の見込み度合いによって変わってきます。あまり購買意欲が無いお客様なのか、もうそろそろ購入をしてくれそうなお客様なのか、既に購入を何度もしてくれているお客様なのかによって、メールの内容も変えませんと、不自然なステップメールになりますので、注意が必要です。
特に、あまり購買意欲が無いお客様に関しましては、どのようなステップメール、メルマガを配信するかによって、既存顧客に育てていく事が出来るかという課題があります。ステップメールを使って営業を行うのであれば、より魅力的なメールを作るように心がけましょう。

また、営業でステップメールを活用したいのであれば、商品を購入したお客様だけではなく、商品を購入しなかったお客様のリストを作る事も大切です。既存顧客リストと同様に大切にする事で、何時かは既存顧客になってもらえるかもしれないという希望を持つことが出来ます。
当然ですが、商品を購入しなかったお客様には、ステップメールで段階的なメールを送る事はありません。ですので、その場合にはメルマガ配信を大切にして、常にリアルタイムでセールの案内であったり、新商品の案内を行うようにしましょう。
勿論、何年メルマガ配信を行っても、一度も商品を購入してくれないお客様もいるでしょう。ですが、中にはそこから既存顧客になってくれることもあります。せっかくの出会いなのですから、どのようなお客様でも、見込み客リストをきちんと作って、最大限活用するようにしましょう。

次の記事へ