アップセルにも繋がる?ステップメール会社ランキング

トップ > アップセルにも繋げるコツ > ステップメールは相互信頼を築くことから始まります

ステップメールは相互信頼を築くことから始まります

ステップメールを構築するというようなケースで頭に置いておきたいのが、はじめのメールをもって商品の購入を迫らないことがあげられます。
購入を迫ったところで全く関心もない販売品を選んでもらえる可能性はほとんどありませんし、信頼されなくなることもあり得ます。
それに加えて、いくつかのメールを送り届ける関係上、スパムそして営業メールと見なされてしまうことも考えられます。
スタート時は商品の購入を迫らず、慌てることなくクライアントとの相互信頼を確立していくのが重要点です。
複数回に区分けして利用者にとって貢献する重要な情報を供しつつ、不自然さのない進め方で商品のコマーシャルを行うようにすれば製品に対して関心をもってもらえる可能性があります。
従いまして、相手方に関心を持ってもらう為のシナリオを考慮し、回数が定められたメールにおいて何をどういったやり方で伝達していくのかを考える必要があります。



ステップメールシステムの基礎知識

ステップメールと言いますのは、クライアントのひとりひとりに認識してもらいたい最低限度の重要な情報を伝達するためのメールになります。
ひとつの例として、店のウェブサイトなどにメンバー登録をした場合に、利用する上の注意、あるいは販売店の紹介それから、初回に対してのキャンペーン、或いは購入のお礼などのEメールが送られてくることがあります。
これに関しては、最低限度、記載したい内容として、定型文によって配信しているものとなります。
ステップメールにつきましては、クライアントとの相互信頼を設けるツールとも言えます。
初回登録、あるいは購入後において、オートマティックであっても返信メールがくることを通して、クライアントは安心感を得ることができます。
そして、商品購入したいというメンタルになり、店サイドも確立された収益へと結び付けることができます。



ステップメールという新しいマーケティング手法

マーケティング活動の中に、比較的最近登場したステップメールという手法があります。
これはただ単に営業の勧誘メールを送付し続けるのではなく、商品やサービスに興味を持ってくださったお客様を囲い込むように、段階的に複数のメールを送り、信頼関係を構築した上で、商品やサービスを購入していただくよう、営業活動を展開するという方法です。
段階的に送るメールでは毎回、営業をするのではなく、何度かに1度の割合で、商品やサービスの購買をお勧めする形を取っています。
こうすることで、顧客が押し付けられて購入するのではなく、気持ちよく商品内容を理解して購入してくださる事になるので、後々リピーターになってくださったり、口コミで更なるお客様をご紹介くださったり、という展開も期待できます。
要はステップメールはポテンシャルのある顧客を教化して購買に繋げるという育成型のマーケティングといえます。

次の記事へ