アップセルにも繋がる?ステップメール会社ランキング

トップ > アップセルにも繋げるコツ > ステップメールの送信頻度は相手の状況に合わせる

ステップメールの送信頻度は相手の状況に合わせる

ステップメールは、何回かに分けて送信していく点に特徴があります。
そして送信日は、ある程度自由に設定する事も可能です。
例えばメールを毎日1回ずつ送信する事も、可能ではあります。
しかし毎日1回ではなく、隔日にするやり方もあります。
3日に1回や5日に1回といった具合です。
この間隔はどれが最適かは、相手の状況にも左右される傾向があります。
相手があまりメールを見る頻度が多くなければ、毎日1回というより、5日に1回の方が良い事もあります。
逆にメールを頻繁に見るなら、毎日1回の方が望ましいこともある訳です。
結局は相手の状況に合わせて、メールを送信する事が望ましいです。
ですからステップメールを送信するにしても、まずは相手の状況を把握する必要があります。
その方が効果も変わってきますから、事前リサーチを行っておく事が大切です。



ステップメールのメリットと売上数字の安定化

法人の売り上げ数字は、とても多彩です。
例えば安定感などは、各法人によって異なる事も珍しくないです。
法人Aの場合は安定した売上が生じていますが、法人Bはかなり波が大きい事もあります。
それで多くの企業は、Aのような状況を望んでいます。
数字が安定している方が、計画を立てやすくなる事も多いです。
どうすれば数字を安定化できるかというと、ステップメールという手段があります。
何回かに分けて小刻みで送信するメールですが、それは売上数字を安定的にしてくれるケースが大変多いです。
メールを送信する前まではBのような状況でしたが、それを採用してからは、Aのようになるケースも多いです。
というのもステップメールは、相手との信頼関係を構築してくれる力が見込めるからです。
それだけ数字が安定する効果も期待できますから、やや不安定な時には、ステップメールを検討してみると良いでしょう。



ステップメールを送信するアドバンテージ

通常の場合メールをハンドオペレーションで送信するケースでは、1通1通送るのに文、あるいはアドレスの確認が求められるので時間を要します。
ステップメールのケースでは、まず最初にシステムを作っておけば、一切合切オートマティックに対応できるので送信する場合に、手間がなくなります。
それに加えて、クライアントがEメールアドレスをエントリーしてくれた瞬間に、オートマティックに返信されることになるシステムが動き出しますので速やかに対応できます。
その上、オーソドックスなメルマガにつきましては、必然的に商品紹介といったセールスメールを送るので、読者にはセールスと感じられ取り逃すことも想定されます。
読者となってくれたクライアントを逃してしまうと、迷惑メールに指定され、しっかりと届かなくなる可能性もあります。
ステップメールのケースでは、クライアントがメール会員にエントリーしてから、1通づつ順番に配信されます。
時間をかけてメールを送信することができますので、効果的といえます。

次の記事へ